口頭発表

大学院生,学部生の口頭発表論文一覧を掲載しています.


年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
件数 2件 7件 22件 1件 3件 17件 13件 17件 13件
2015年度
  • 酒井 達弘,田村 慶一:密度に基づく空間クラスタリングを用いたジオソーシャル画像からのトピック抽出,第 8 回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会,県立広島大学,2015年12月8日.
  • Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami: Real-time Local Topic Extraction using Density-based Adaptive Spatiotemporal Clustering for Enhancing Local Situation Awareness,
    The 7th International Joint Conference on Knowledge Discovery, Knowledge Engineering and Knowledge Management, pp.203-211, November 2015.
  • 酒井 達弘,田村 慶一,事崎翔太,林田翼沙,北上始:密度に基づく時空間分析手法を用いた実世界トピックの閲覧システム, 第17回IEEE広島支部学生シンポジウム,pp.515-520, 2015年11月.
  • 事崎 翔太,田村 慶一,北上始:グリッド分割に基づく地域的なバースト度の検出手法, 第17回IEEE広島支部学生シンポジウム,pp.525-526, 2015年11月.
  • Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami: Identifying Main Topics in Density-based Spatial Clusters using Network-based Representative Document Extraction, 2015 IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA), pp.77-82, November 2015.
  • 林田翼沙,黒木進, 北上 始:協調フィルタリングにおける評価値予測のためのクラスタリング法の比較に向けて, 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.47-48,広島市立大学,2015年7月18日,
  • 事崎 翔太,田村 慶一,酒井 達弘, 北上始:バースト度の地域的な変化の可視化に関する検討, 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.93-94,広島市立大学,2015年7月18日.
  • 三崎 浩平, 田村 慶一, 酒井 達弘, 北上 始:複合グリッドを用いた密度に基づく空間クラスタリングアルゴリズムの並列化, 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.69-72,広島市立大学,2015年7月18日.
  • 酒井 達弘,田村 慶一,事崎翔太,林田翼沙,北上始:密度に基づく時空間分析手法を用いたローカルな話題のリアルタイム抽出, 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.23-26,広島市立大学,2015年7月18日.
  • Tatsuhiro Sakai, and Keiichi Tamura:Summarizing Results of Keyword Search on Social Photos using Clustering-based Burst Detection, Proceedings of Second IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics IIAI-AAI 2015, pp.715-716, July 2015.
  • Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:Extracting Topic-related Photos in Density-based Spatiotemporal Analysis System for Enhancing Situation Awareness, Proceedings of Second IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics IIAI-AAI 2015, pp.201-206, July 2015.
  • Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:Emergency Situation Awareness during Natural Disasters using Density-based Adaptive Spatiotemporal Clustering, Database Systems for Advanced Applications: DASFAA 2015 International Workshops, SeCoP, BDMS, and Posters, Hanoi, Vietnam, April 20-23, 2015, Revised Selected Papers, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol.9052, pp.155-169, April 2015.
2014年度
  • 井上雄貴,福本翔平,森康真,北上始:配列データベースから正規表現のモチーフを抽出する方法,情報処理学会第77回全国大会講演論文集(第1分冊),pp.677-678, 京都大学,2015年3月17日〜19日.
  • 酒井 達弘【学生奨励賞】,田村 慶一,北上 始:密度に基づく適応的な時空間クラスタリング手法を用いたトピックの時空間分析手法,情報処理学会第77回全国大会講演論文集(第1分冊),pp.649-650, 京都大学,2015年3月17日〜19日.
  • 嘉本 貴彰,北上 始,森 康真:ネットワークデータベースにおける同型部分グラフの問合せ方式,情報処理学会第77回全国大会講演論文集(第1分冊),pp.579-580, 京都大学,2015年3月17日〜19日.
  • 三崎 浩平,田村 慶一,北上 始:空間分割手法を用いた密度に基づくクラスタリングの並列化とその性能評価,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,4pages, 2014年11月15日-11月16日.
  • 奥 淳基【IEEE優秀研究賞】,田村 慶一,北上 始:距離に基づく外れ値検出アルゴリズムの高速化とその性能評価,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,5pages, 2014年11月15日-11月16日.
  • 松井 伯樹,田村 慶一,北上 始:k-近傍による空間的な密度を考慮した位置に基づくバースト検出手法,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,4pages, 2014年11月15日-11月16日.
  • 伊東 晴奈,酒井 達弘,田村 慶一,北上 始:ネットワークベースの要約手法を用いた空間クラスタからの代表文書抽出,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,8pages, 2014年11月15日-11月16日.
  • 酒井 達弘【IEEE優秀研究賞】,田村 慶一,北上 始:時空間クラスタリングを用いた動向情報の時空間分析手法,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,6pages, 2014年11月15日-11月16日.
  • Shota Kotozaki, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Location-based Burst Detection for Identifying Bursty Local Topics in Geotagged Tweets,Proceedings of 2014 IEEE 7th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA),pp.225-230, November 2014.
  • Tatsuhiro Sakai【IEEE SMC Hiroshima Chapter Best Student Presentation Award】, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:Identifying Bursty Areas of Emergency Topics in Geotagged Tweets using Density-based Spatiotemporal Clustering Algorithm,Proceedings of 2014 IEEE 7th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA),pp.95-100, November 2014.
  • Junki Oku, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:Parallel Processing for Distance-Based Outlier Detection on a Multi-core CPU,Proceedings of 2014 IEEE 7th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA),pp.65-70, November 2014.
  • Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:Density-based Adaptive Spatial Clustering Algorithm for Identifying Local High-Density Areas in Georeferenced Documents,Proceedings of The 2014 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2014),pp.527-532, October 2014.
  • Shota Kotozaki【Distinguished Paper Award】, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:A New Method for Identifying Location-Based Bursts in a Sequence of Batched Georeferenced Documents,
    Proceedings of International Conference on INTERNET STUDIES (Nets2014),8pages, August 2014.
  • 酒井 達弘【優秀賞 in ソフトウェアコンテスト】,田村 慶一:密度に基づく時空間クラスタリング手法を用いた話題の地域分析アプリケーション, 2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.17-30, 2014年7月19日.
  • 事崎 翔太【IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手奨励賞】,田村 慶一,北上 始:クラスタへの帰属度を考慮した位置に基づくバースト検出手法の検討, 2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.77-80, 2014年7月19日.
  • 三崎 浩平,田村 慶一,北上 始:密度に基づくクラスタリングアルゴリズムのマルチコアCPU上における並列化, 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.33-36, 2014年7月19日
  • 高橋 誉文,田村 慶一,黒木 進,北上 始:幾何学的サフィックス木に対する並列処理性能の評価,情報処理学会 第98回MPS・第38回BIO合同研究発表会,2014-MPS-98(21),6 pages, 2014年6月27日.
2013年度
2012年度
  • 福本 翔平, 北上 始, 森 康真:アライメントされた配列集合からモチーフを抽出する方法, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013), 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会, 2013年3月3日(日)〜3月5日(火).
  • 森近 昭紀, 北上 始, 森 康真:異なる尺度を持つ類似文字列検索が最小汎化集合抽出に与える影響, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013), 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会, 2013年3月3日(日)〜3月5日(火).
  • 中田 章宏,田村 慶一,北上 始,高橋 誉文:CMO問題に対する改良版EOを用いた発見的解法, 情報処理学会数理モデル化と問題解決(MPS),Vol.2013-MPS-92 No.13,6 pages,2013年2月27日.
  • 中田 章宏,田村 慶一,北上 始,高橋 誉文:複数個体を用いた改良版EOによる蛋白質立体構造アラインメント, 第17回日本知能情報ファジィ学会中国四国支部大会予稿集, pp.31-36, 2012年12月22日.
  • 平原 海詞,田村 慶一,北上 始,田村 真吾:マルチコアCPU上における文書ストリーム上のバースト検出手法, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter講演会, 県立広島大学, 2012年12月1日.
  • 三村 賢太,北上 始,森 康真,高橋 誉文:蛋白質立体構造データベースに対する類似構造検索性能の考察,第14回IEEE広島支部学生シンポジウム(HISS),pp.529-532, 2012年11月17日〜18日.
  • 三村 賢太,北上 始,森 康真,高橋 誉文:蛋白質立体構造検索のための類似度計算性能に関する考察,第63回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.448-449, 2012年10月20日.
  • 上東 宏輝,北上 始, 黒木 進:台風経路の階層的クラスタリングを用いた被害予測モデルの検討,第63回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.450-451, 2012年10月20日.
  • Shingo Tamura, Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, and Kaishi Hirahara:Clustering-based Burst-detection Algorithm for Web-image Document Stream on Social Media, The 2012 IEEE International Conference on Systems,Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2012), Seoul in Korea, pp.703-708,14-17 October 2012.
  • Akihiko Nakada, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:Optimal Protein Structure alignment using Modified ExtremalOptimization, The 2012 IEEE International Conference on Systems, Man,and Cybernetics (IEEE SMC 2012),Seoul in Korea, pp.697-702, 14-17 October 2012.
  • Kaishi Hirahara【Best Student Paper Award】, Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, and Shingo Tamura: Parallel Processing of Burst Detection in Large-Scale Document Streams, Proceedings of 3rd Annual International Conference on Advances in Distributed and Parallel Computing, pp.60-65, Bali in Indonesia, Sep 17-18 in 2012.
  • 田村 真吾,田村 慶一,北上 始 ,平原 海詞:画像付き文書データストリームにおけるバースト検出手法, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.47-50, 2012年7月14日.
  • 八木 真平,田村 慶一,北上 始:段階的一般化法の高速化に関する考察, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.43-46, 2012年7月14日.
  • 平原 海詞【IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手奨励賞】,田村 慶一,北上 始,田村 真吾:マルチコアCPU上における文書ストリーム上のバースト検出手法, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.59-62, 2012年7月14日.
  • 綿貫 陽介,田村 慶一,北上 始,Nguyen Phuong Bac,高橋 誉文:マルチコアCPU上におけるサフィックス木を用いた文字列検索の並列処理, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.35-38, 2012年7月14日.
  • Nguyen Phuong Bac,高橋 誉文,田村 慶一,北上 始:大規模文字列データベースに対する索引方式の考察, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.13-16, 2012年7月14日.
  • 中田 章宏,田村 慶一,北上 始,三村 賢太,高橋 誉文:改良版EOを用いた蛋白質立体構造アラインメント, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.39-42, 2012年7月14日.
2011年度
2010年度
  • Yoshifumi Takahashi, Susumu Kuroki, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami: Index-based Similar Substructure Searching Using RMSD in Protein Structure Databases, Proceedings of the 2010 International Conference on Information & Knowledge Engineering (IKE'10), CSREA Press, Vol.U, pp.431-437, 2010.
2009年度
  • 岡本 潤一, 森 康真, 黒木 進, 北上 始:異種系統樹データベース間の調停作業支援のための球面描画法,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムDEIM2010,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,2010年2月28日〜3月2日.
  • 繁村 崇, 黒木 進, 森 康真, 北上 始:LVQを用いたプロ野球の試合の観客数予測,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムDEIM2010,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会, 2010年2月28日〜3月2日.
  • 平 和幸, 黒木 進, 北上 始, 森 康真:時系列データベースからの知識発見における次元圧縮の評価に関する検討,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムDEIM2010,電子情報 通信学会データ工学研究専門委員会,2010年2月28日〜3月2日.
  • 中村 翔, 森 康真, 北上 始:階層的クラスタリングを用いた台風被害予測モデルの構築手法,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムDEIM2010,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,2010年2月28日〜3月2日.
  • 宮原 和也, 田村 慶一, 北上 始:アライメントに基づくミスマッチクラスタからの最小汎化集合の抽出,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムDEIM2010,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,2010年2月28日〜3月2日.
  • 河野 修久,田村 慶一,森 康真,北上始:ギブスサンプリングとアラインメント処理に基づく類似部分配列の抽出方式,情報処理学会 数理モデル化と問題解決(MPS)およびバイオ情報学(BIO),Vol.2009-MPS-76 No.46およびVol.2009-BIO-19 No.46,8 pages, 2009年12月.
  • 河野 修久,田村 慶一,森 康真,北上 始:Gibbs-DMGGにおけるアラインメント処理の影響についての考察,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.51-52,2009年10月.
  • 太田 章伍,森 康真,北上 始:ロックアーティストデータに対するLSAを用いた階層的クラスタリングの考察,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.33-34,2009年10月.
  • 岡本 潤一,小嶋 瑤子,森 康真,黒木 進,北上 始:CGを用いた球面上における調停グラフ描画に関する研究,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.28-29,2009年10月.
  • 繁村 崇,黒木 進:重回帰分析とSOMによるプロ野球の試合の観客数予測とデータの関係性,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.43-44,2009年10月.
  • 末冨 早紀,森 康真,北上 始:研究者紹介集を対象とした潜在意味解析による階層的クラスタリング,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.46-47,2009年10月.
  • 平 和幸,黒木 進:FastMapを用いた時系列データのクラスタリング,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.57-58,2009年10月.
  • 出來谷 沙希,森 康真,北上 始:ストリングカーネルによる分子配列データの分類に関する考察,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,p.19,2009年10月.
  • 寺下 義謙,片山 小百合,森 康真,北上 始:Clospan法を用いた図書の貸し出しデータのマイニングに関する考察,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,p.20,2009年10月.
  • 土井 明,田村 慶一,北上 始:Cellプロセッサ上におけるミスマッチクラスタのアラインメント処理,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.41-42,2009年10月.
  • 中村 翔,今井 英幸,森 康真,北上 始:台風データベースを用いた台風被害予測モデルの構築,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.21-22,2009年10月.
  • 原 奈津美,田村 慶一,北上 始:教師付きEOによる調停グラフの交差数減少,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会会,pp.49-50,2009年10月.
  • 宮原 和也,岡田 一志 ,田村 慶一,北上 始:アラインメント処理に基づく曖昧検索結果からの最小汎化集合の抽出,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.53-54,2009年10月.
  • 柳井 優佑,黒木 進,森 康真,北上 始:サポートベクターマシンを用いたウェブスパム検出,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.55-56,2009年10月.
  • 河野修久,北上始,田村慶一,森康真:Gibbs-DMGGによる類似部分配列の抽出方式,情報処理学会数理モデル化と問題解決(MPS),Vol.2009-MPS-74 No.3,8 pages,2009年7月.  
  • Yoshifumi TAKAHASHI, Susumu KUROKI, Keiichi TAMURA, and Hajime KITAKAMI: A Method for Constructing Disk-based Indexes for 3-D Protein Structure Databases, Proceedings of the 2009 International Conference on Information & Knowledge Engineering (IKE'09), pp.658-662, Las Vegas in USA, July 13-16 in 2009.
  • Nobuhisa Kono, Hajime Kitakami, Keiichi Tamura, and Yasuma Mori:Extracting Similar Subsequences by Gibbs Sampling with Distributed MGG, Proceedings of the 2009 International Conference on Parallel & Distributed Processing Techniques & Applications (PDPTA'09), pp.669-675, Las Vegas in USA, July 13-16 in 2009.
2008年度
  • 河野 修久,田村 慶一,森 康真,北上 始:分散MGGを用いたギブスサンプリングによる類似部分配列抽出法,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムDEIM2009,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings, 2009年3月.
  • 高橋 誉文,黒木 進,田村 慶一,北上 始:複数の蛋白質立体構造データに対するディスク版索引構造の構築方式,データ工学と情報マネジメントに関する フォーラムDEIM2009,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings, 2009年3月.  
  • 澤田 祐介,田村 慶一,荒木 康太郎,北上 始:ミスマッチクラスタを表現する最小汎化集合の高速抽出,情報処理学会 第72回・数理モデル化と問題解決研究会,pp.73-76,2008年12月.
  • 澤田 祐介,田村 慶一,北上 始:分散並列環境におけるミスマッチクラスタを表現する最小汎化集合の抽出,第10回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,D-16,pp.137-140,2008年11月.
  • 河野 修久【HISS最優秀論文賞】,田村 慶一,北上 始:GS最適化手法を用いた類似部分配列抽出法,第10回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,D-19,pp.114-117,2008年11月.
  • 澤田 祐介, 田村 慶一,荒木 康太郎,高木 允,北上 始:分散並列環境におけるディスクベースサフィックス木の構築と検索,情報処理学会,第70回数理モデル化と問題解決研究会,Vol.2008, No.65, pp.39-42, 2008年7月.
  • Yusuke Sawada, Keiichi Tamura, Kotaro Araki, Makoto Takaki, and Hajime Kitakami: Parallel Construction Method of a Disk-Based Suffix Tree on a PC Cluster,Proceedings of the 2008 International Conference on Parallel & Distributed Processing Techniques & Applications (PDPTA'08), Vol.II, pp.797-803, Las Vegas in USA, July 14-17 in 2008.
2007年度
  • 澤田 祐介, 田村 慶一,荒木 康太郎,高木 允,北上 始:PCクラスタ上でのディスクベースサフィックス木の並列構築方式,電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008),Online Proceedings,8 pages,2008年3月9日〜 3月11日.
  • 澤田 祐介,田村 慶一,荒木 康太郎,北上 始:PCクラスタ上でのディスクベースサフィックス木の並列構築方式,第9回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM, d-22, 4 pages, 2007年11月.

©2008 Data Engineering Lab. All Rights Reserved.